におい工房
関連サイト:AnalyzejNet
電話番号&E-mail
トップページ におい工房とは サービス一覧 コラム ご利用ガイド お問い合わせ
HOME > サービス一覧 > 官能評価 > 臭気濃度評価

臭気濃度評価

室内などの空間内の臭いを採取し、臭いの質と濃度を分析します。
採取場所の状況、臭気の内容により採取方法など検討する必要がありますので、まずはご相談下さい。
臭気濃度評価
評価方法 臭気を含む空気を専用採取袋に採取し、専門の臭気判定士が三点比較式臭袋法*1に従って評価します。
報告内容 専門の臭気判定士1名で臭いの特徴と異臭濃度*2 を報告しております。
費用 1測定点 税込 27,000円 (税抜 25,000円)
報告日数 5営業日
その他 ・サンプル採取袋の実費はご請求させていただきます。
・必要により専門家が現地で採取をした場合は、交通費・作業時間の実費をご請求させていただきます。
実績
部屋の異臭原因の調査
ショッピングモール地下汚水処理排気臭気の隣接集合マンションへの影響評価
鶏舎、豚舎に設置した脱臭装置の性能評価
厨房における脱臭・油煙装置の性能評価 など。
用語解説
*1三点比較式臭袋法
悪臭防止法では三点比較式臭袋法が嗅覚測定法として定められています。 この手法は6人以上のパネルが用意された3つの袋を嗅ぎ、においの入っている1つの袋を当てるもので、無臭空気により徐々に希釈していきます。
においの入っている袋が嗅ぎ当てられなくなった時の希釈倍数(最大及び最小値をカットし、残りの4人のデータを平均して求めます)を算出、この数値の対数に10を乗じた値を臭気指数として表します。
*2臭気濃度
臭気濃度とはある臭気を「無臭の清浄な空気で希釈したとき、ちょうど無臭に至るまでに要した希釈倍数」のことです。
臭気濃度1000というのは、無臭の空気で1000倍に希釈したときにその臭いを感じなくなる濃度のことです。
*3臭気強度(参考)
基本的には臭気物質の濃度が10倍あれば10倍、100倍あれば100倍というふうに、中に含まれる物質濃度に比例して大きくなる数値です。
しかし人間の感覚(知覚強度)というのは、通常10倍あれば2倍、100倍あれば3倍、という対数関数的な増減をしています。
そこで人間の感覚に似せた臭気指数という表示方法が臭気濃度に代わって用いられ、より直感的に数値の意味を理解できるようにしたのが臭気強度です。
6段階臭気強度表示表(右表参照)が広く使われています。

臭気濃度と臭気指数の関係:臭気指数=10×log(臭気濃度)
臭気強度 判定尺度
0
無臭
1
やっと感知できるにおい
(検知閾値濃度)
2
何のにおいかわかる弱いにおい
(識別閾値濃度)
3
楽に感知できるにおい
4
強いにおい
5
強烈なにおい
PageTop
利用規約
プライバシーポリシー
サイトマップ
分析試験の総合受託サイト AnalyzejNet 分析試験の総合受託サイト AnalyzejNet TEL:03-3868-3906 E-mail:contact@analyzejet.com TEL:03-3868-3906 E-mail:contact@analyzejet.com